HOME >  私がトリマー資格を取るまで >  気になる試験内容

気になる試験内容

さまざまな民間資格

トリマー資格は民間資格のため、各機関・学校でいろいろな資格が発行されています。たとえば、

  • JKC認定トリマー
  • ペット・グルーミング・スペシャリスト
  • AKC認定トリマー
  • PD公認トリマー

これは代表的な資格ですが、他にも協会ごとに多くの資格があります。

私のお勧めトリマー資格講座はこちらから>>
 

それぞれの試験内容

それぞれについて受験資格、試験内容、日程などご紹介します。

◆JKC公認トリマー…JKC(ジャパンケネルクラブ)の公認トリマー資格で、もっとも知名度が高いです。階級はC級、B級、A級、特別A級、教士、師範の6種類があります。

  • 資格の取得方法…JKC指定校に入学して取得するか、一般試験で受験する方法があります。C級でも、JKC指定校で2年間の授業を終了している必要があります。
  • 資格取得試験…全国ブロックで毎年1回実施
  • 受験料…5,000円
  • 試験内容…筆記(制限時間50分、70点以上合格)、実技(カット、制限時間2時間、70点以上合格)

◆ペット・グルーミング・スペシャリスト…JAHTA(日本動物衛生看護師協会)が認定する資格で、知名度も高めです。動物の健康状態をチェックしながらペットの美を追求していくプロフェッショナルで、動物看護学からしつけまで、幅広い総合的な知識と技術が必要となる資格です。

  • 資格の取得方法…「ヤマザキ動物専門学校」の動物管理学科3年間を修了する必要があります。ほとんどの専門学校が1~2年制ですが、ヤマザキ動物専門学校においては卒業までに3年かかります。この学校の卒業者は、卒業後すぐに即戦力になる人材と考えられています。
  • 資格取得試験…認定校各校舎で年1回(1月)実施
  • 受験料…15,000円
  • 試験内容…筆記、実技、面接

◆AKC認定トリマー…青山ケンネルカレッジ独自のライセンスで、青山ケンネルカレッジに入学する必要があります。1年次にAKC認定トリマー初級、2年次にAKC認定トリマー中級を取得できます。

◆PD公認トリマー…PD(社団法人 日本警察犬協会)が認定するトリマー資格です。この資格はエアデール・テリア犬種に限定されているのが特徴です。

  • 資格の取得方法…まずPD会員にならなければなりません。そして、次の条件のいずれかを満たしている必要があります。修業期間1年以上のトリマーの養成期間を修了し、テリア犬種の技術を習得していること、トリマーとして実務2年以上の経験があり、上述と同等の技術を習得していること、PDが行うトリミング講習会を5回以上受けていること、会員として所属する支部の支部長または審査員の推薦状があること

私が取得したのは、通信講座でも取れる一般社団法人日本ペット技能検定協会の「トリマー2級」という資格です。資格を持っていなければトリマーとして働くことができないわけではないのですが、資格を持っていたほうが就職には有利です。