HOME >  私がトリマー資格を取るまで >  充実したカリキュラム

充実したカリキュラム

わかりやすいDVD&持ち運びやすいテキストで無理なく学習

いくつかの講座を比較して、結局私が受講を決めたのは、「たのまな(ヒューマンアカデミー)のトリミング講座」。充実したテキスト内容と添削が一番の魅力でした。

申し込みをして、早速届いた教材内容は…

  • テキスト2冊(「ペット経営学」「ペット社会学」。)
  • 技法DVD8巻
  • 添削(2冊)
  • 実寸モデル犬
  • ハサミセット(業務用刈り込みバサミ、業務用スキバサミ、コーム、スリッカーブラシ)

というようなもの。

テキストはバインダー方式になっていて、1冊300ページ以上もある充実の内容の2冊組。さらに、実際に目で見てスキルをマスターできるDVDは8枚のボリュームです。正直、お値段以上の価値があるって思いました。

そして、ついにトリミング講座の学習がスタート。

テキスト2冊を読み進めながら、トリミング技法のDVDを見てカットやグルーミングの練習をしていきます。私の場合は他の仕事をしていたので、通勤電車や昼休みにテキストを読み進め、夜、自宅に戻ったらDVDメインで学習していました。

バインダー方式なので、その日必要な部分だけを持ち歩くことが可能ですし、無理なく進めることができましたよ。1日2時間くらいの勉強を目標にしていましたが、もちろん日によっては1時間くらいで済ませてしまうことも…。そのかわり休日はまとめて勉強に当てたりもできましたし、自宅学習は空いた時間に気軽にできるので、面倒くさがりの私にはピッタリの方法でした。

また、申込み時にメールアドレスを登録しておくと、毎月フォローメールが届くんです。1ヶ月ごとにテキストの勉強法やスキルアップのコツなどをアドバイスしてくれる内容なので、モチベーションを維持するのにとっても役立ちました。

アドバイス付きの添削課題で理解度アップ

学習を始めて3~4ヶ月目に入ると、添削課題と実寸モデル犬を使ったトリミング課題にチャレンジします。添削課題は、読み進めていた2冊のテキストの内容をまとめた問題集のようなもの。きちんとテキストの内容を理解できていれば、それほど難しいものではありませんでした。

逆に、ドキドキしたのが実寸モデル犬でのトリミング。DVDを見ながらハサミの動かし方や毛玉のほぐし方を練習してはいたものの、実際にホンモノの犬の形をしたモデル犬を扱うとなるとやはり緊張しました。わからないことや不安なことは電話や質問票で聞くことができるので、それをフル活用しましたね~。スタッフの方には些細な質問に丁寧に答えて頂いて、本当にお世話になりました。

どうにか完成した添削課題とモデル犬を提出して1、2週間すると、今度は採点された回答と模範解答が返却されてきました。回答が不十分だった個所には、解説付きで回答が書き込まれていて、理解が足りなかったところへの復習にとても役立ちました。モデル犬のトリミングに関しても、良くないところへの具体的なアドバイスや改善点が示されていて、とても参考になりました。

添削課題とモデル犬をクリアした後に、「トリマー2級」の検定の申込みをします。後日、検定用のモデル犬が送られて来て、指定のスタイルに仕上げて提出…といった流れになります。

勉強中、ちょっと行き詰ってしまった時や気分転換には、受講生&修了生専用のポータルサイトを活用していました。学習法へのアドバイスや仲間同士のやり取りなど、「みんな頑張ってるんだなぁ」と励まされて、モチベーションをキープできた理由のひとつなんじゃないかと思ってます。

現場での実技研修でさらにレベルUP

受講を決めたときは、学習期間の7ヶ月って長いなあ…と不安に感じていたものですが、実際に受講が始まってみると、毎日があっという間。目の前のものに取り組んでいるうちに、修了できたといった感じでした。

無事にトリマー資格を取得した後に、別料金ですが実技研修というものもあり、トリミング技術にいまひとつ自信のなかった私も参加することにしました。

ヒューマンアカデミーの実技研修は、全国にある本物のペットショップやトリミングサロンで、本当に仕事をしながらトリミング技術を学べるという実践的なものなんです。

受講中はモデル犬だったし、本物のワンちゃんを相手にトリミングをするのはこれが初めて!もともと犬を飼っていたこともあるので、犬の扱いには慣れていたつもりでしたが、少しのことで動いたり声を出したりするワンちゃんに対して、ズレたり毛が引っかかったりしないようにトリミングをするのは結構な難しさ。

わたしは、初めからカットなどではなく、先輩のトリマーさんについてグルーミングやシャンプーなどから始めました。プロとして活躍している先輩の手の動きを間近で見られたことも勉強になりましたし、ワンちゃんを相手にする際のちょっとしたコツなども教わって、「動物を相手に働く」ということの実感を得ることができました。

実際に就職して仕事を始めたときも、この時の経験がとても参考になりましたし、時間に余裕があればぜひ研修に参加することをオススメします。