動物取扱責任者

開業には申請が必須

動物取扱責任者は、動物取扱業の登録申請に必要な要件です。動物取扱業とは、社会性を持って、一定以上の頻度又は取扱量で、有償・無償の別を問わず事業者の営利を目的として動物の取扱いを行う、社会通念上、業として認められる行為のことをいうそうです。

分かりやすく解説すると、例えば、トリマーとして独立開業する場合には、自宅、賃貸、店舗を構える、いずれの場合も登録が必要です。動物取扱責任者という資格はありませんが、動物取扱責任者としての要件が設定されています。

【動物取扱責任者を満たす要件】

  • 実務経験があること…営もうとする動物取扱業の種別と同一種別での半年以上の実務経験があることが必要です。
  • 教育機関を卒業している…営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校法人(学校教育法第1条に掲げる学校、専修学校及び各種学校)やその他の教育機関を卒業していることが必要です。
  • 資格を持っている…公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別にかかわる知識及び技術を習得していることの証明を得ていることが必要です。

今回私が受講したトリミング講座は、一般社団法人日本ペット技能検定協会の「トリマー2級」が取得できます。さらに、独立開業セミナーや個別相談など、無料で受ける事ができたり、修了後のサポートがとっても手厚いので、就職の際も随分助けられました。

独立開業する場合は、半年間の実務経験が必要になりますが、そのためのノウハウをセミナーで教えてもらい、またペット業界全体についても知る事ができました。いきなり開業するには不安だと思いますし、まずはペットサロンなどでじっくり経験を積むのが近道だと思います。

通信講座でトリマー資格を取得しようとお考えの方は、サポートがしっかりしていて就職相談もできる、充実した講座を選んで欲しいな、と思います。