ペットセラピスト

ペットを心理的に癒すのがペットセラピストの仕事。日本ではまだまだ普及していませんが、欧米ではペット好きに人気の高い職業です。

動物を癒しペットの幸せに貢献できる仕事

最近ではペットを家族の一員と考え、大切にする風潮があります。いつも自分を癒してくれる大切なペット。もはやペットは、ただ「飼う」存在ではないのです。

かけがえのない家族の幸せを願うのは、当然の感情です。その幸せを考えるのが、ペットセラピストの仕事です。

ペットセラピストの仕事は、ペットに関連するあらゆる仕事をするうえで重宝します。例えば、ペットの健康不良の原因がストレスにある場合、動物病院だけでは解決できません。そんな時、ペットのストレスを癒し、健康に導くのもセラピストの仕事。そのほか、ペットの問題行動が心理的ストレスからくる場合もセラピストの出番です。

つまり、ペットが人と一緒に生活するうえでおこるあらゆる問題を、根本的に解決できる非常に意義ある仕事が、ペットセラピストなのです。

資格を取るには

日本ではまだ認識が浅く、国が認定するような資格を発行していないのが現状です。

民間では、財団法人日本能力開発推進委員会が、認定教育機関等で教育訓練を終了した人に「ペットセラピスト資格」を発行しており、専門的に学べるスクールも増えつつあります。

◆一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)

  • 種類(称号):ペットセラピスト
  • 受検方法:日本能力開発推進協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において全カリキュラムを修了すると、受験資格が与えられます。
  • 試験は:随時開催。記述式で、在宅で受けることができます(受験料3,500円)
    学習範囲は、犬・猫の特徴・性格・歴史、健康管理、応急処置、しつけ、グルーミングマッサージなど。