HOME >  トリマーになりたい人の豆知識 >  資格者のはたらく職場

資格者のはたらく職場

トリマーの資格を取得後、活躍できるトリマーになるために、現場で求められていることをきちんと知っておきたいもの。

ここでは、ペットサロンと動物病院に分けて、トリマーに必要なスキルや心構えをご紹介します。

トリマーに求められること:ペットサロンの場合

最近は、ペットショップに併設されているサロンが多くなりました。その場合、単にペットのトリミングを行うだけでなく、ショップで販売されている動物たちの世話も、仕事として任される可能性が高いです。

プロのトリマーとして、流行やセンスを問われるだけでなく、きちんと動物の健康管理を行うだけの知識はもちろん必要とされます。

また、そうした知識をきちんと持っているトリマーは、ペットショップなどでも重宝されること間違いなしです。

ペットショップなどが主催するトリマーのコンテストなどもあるので、そのような機会を積極的に活用することで、カリスマトリマーとして活躍することも夢ではありません。

トリマーに求められること:動物病院の場合

動物病院の中には、ペットの宿泊施設や美容院を併設しているところがあり、こうした施設の場合、単独のペットサロンとはちょっと違った技術が必要とされることもあるようです。

例えば、トリマーの資格と併せて、AHT(動物看護師)の資格を持っている場合、看護師としての活躍もでき、仕事の幅も広がるでしょう。

また、トリマー専門のスタッフであっても、ペットの種類や病気などを学んでいる人材が求められます。単にカットの美しさが求められるサロンと違い、皮膚病予防など、治療の一環でカットをする場合もあるからです。

その場合、治療に来るいろいろな種類の動物を担当することも考えられるため、サロンで働くトリマーに比べ、様々な経験を積むことができるでしょう。